Life style
Life style

初めてのグランピング、全てがレンタルだった。

  

みなさんこんにちは
K(@kcameralife)です。

先日初めてグランピングをしてきました。
行った場所はO-Park OGOSEという場所です。

こんな方へオススメな記事です。

  • グランピングしたいけどキャンプ用品はもってない
  • BBQがしたい
  • お風呂、プールが付きのグランピングがしたい
  • おしゃれなグランピング写真を撮りたい

今回も写真撮りまくりました。
着いたら青眼の猫がいました。
 

初めてのグランピングは全てレンタル

 
まず、グランピングの用意なんて一切してません。
全て宿泊代に含まれていました。

そもそもグランピングやることを知りませんでした。
というのも、行った日は僕の誕生日だったので
行く場所は全て任せており、現地に着くまで
何をするか、どんな場所に泊まるかも知らなかったのです。
着いたらここに泊まると言われました。笑
 

グランピングとは

 
グランピングとは、英語で“魅力的な、華やかな”などを意味する
「Glamorous(グラマラス)」と「Camping(キャンピング)」
を組み合わせた言葉で、直訳すれば“魅力的なキャンプ”という意味になります。
テント設営や食事の準備、後片付けなどをしなくていいのがグランピングの魅力です。
とにかく、おしゃれで楽ってことですね。
一般的なグランピングのイメージ↓
 

O-Park OGOSEとは

 
埼玉県越生町にあります。車で川越から30、40分くらいでした。

施設HP
[pz-linkcard-auto-replace url="https://opark.jp"]

宿泊施設は3種類あります。

サウナスイートキャビン→サウナがしたい人(値段は高め)
グランピングキャビン→一般的なグランピング
フロートドームテント→球体の中に泊まる(2名1室)
ドームキャビン→子供がいる方向け

僕達はフロートドームテントに泊まりました。
写真はこんな感じ。
 


 
中にはプラネタリウムがありました。
この日は天気が悪かったので部屋で星を楽しみました。

館内

 

お風呂もあるし、プールもあるし、大好きな漫画もあります。
ハンモックに揺られながら漫画を読むのは最高でした。

当日の僕の持ち物

 
もちろんグランピング用品とか持ってないです。
事前に水着は持ってくるように言われていたので
特別な持ち物は水着くらいかな。
あともちろんカメラです。
 

BBQは全てレンタル

 
宿泊料金にレンタル代も含まれているので
その場でお金を支払うことはありませんでした。
準備、後片付けは全てやってくれました。

 

キーマカレーはナンと一緒に食べました。
 

注意点

 
BBQは食材が揃っていますが、たくさん食べる人は買っておいた方がいいです。
僕はなんだかんだで十分でした。
お酒や飲み物は館内でも売っていますが宿泊代には含まれないので
どこかで買ってからグランピング場に行った方がいいです。
歩いて行ける場所にはスーパーはないので来る前に事前に買っておきましょう。
飲み物を買ってこなかったので売店で購入。
 

朝食

 
朝から豪華でした。
 

最後に

 
いかがでしたでしょうか。
都内からも車で2時間くらいで行けます。
とにかく楽しかったです。
美味しい食事も、ゆっくりできる施設、ワクワクする宿泊施設
どれも満足でした。
写真も撮れたし。食べ物を撮るのもいいですね。
よく日本人は料理がでてきたらやたらと写真を撮ると言われていますが
カメラが好きになってから僕もそうなったかも、、

それではまた

今回の作品まとめ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です