Life style
Photo&Camera

【感動!】Carl Zeiss Touit1.8/32を購入!FUJIFILMと相性抜群!!

みなさんこんにちは! Kです。

今回の記事はCarl Zeiss Touit 1.8/32の購入レビューです。

  • スナップ、ポートレートに万能のレンズは?
  • 軽いレンズが欲しい。
  • 色乗り、ボケが良いレンズは?
  • できる限り安いレンズがいい。

FUJIFILMのカメラをお持ちの方で、この様な悩みを抱えていませんか?

僕が購入したレンズはCarl Zeissという会社のレンズです。
え?FUJIFILMのレンズじゃないの?と思った方もいるかもしれません。
実はこのCarl ZeissというレンズのTouitシリーズには、
FUJIFILMのレンズ型である、Xマウントがあります。
なのでFUJIFILMのカメラでも使うことができます。

Carl Zeiss とは

カール・フリードリヒ・ツァイスというドイツの光学機器製造業者の名前からきています。
元は顕微鏡のレンズを作っており、現代では、大学研究向けのなどの光学機器を世界水準で作っています。
顕微鏡のレンズ開発が、カメラレンズへと発展していったのですね。
カメラを始めたことで歴史を学ぶ機会も増えました。(笑)

Carl ZeissのTouitシリーズとは

FUJIFILMで使えるXマウントにはTouitシリーズから3種類発売されています。
1、Carl Zeiss Touit F2.8/12mm

2、Carl Zeiss Touit F1.8/32mm

3、Carl Zeiss Touit F2.8/50mm

Touitシリーズの選び方

個人的主観なので参考になれば幸いです。
主な違いは開放F値と画角の違いです。判断基準は少ない方が決めやすいと思うのでまとめました。
参考になればと思い、参考ページも載せておきます。

1.Carl Zeiss Touit F2.8/12mm

広角なレンズなため、広大な景色をメインに撮る方。
被写体までの距離が取りづらい直線的な都会の風景(オフィス街)などの撮影にも向いていると思います。
[pz-linkcard-auto-replace url="http://photo.yodobashi.com/fujifilm/lens/touit28_12/"]

2.Carl Zeiss Touit F1.8/32mm

スナップ写真、ポートレート写真を撮りたい方。万能レンズともいえます。
魅力はF1.8と明るいレンズのため、解放時と絞り時で仕上がりのイメージが大きく変わります。
僕はこちらのレンズを購入したので引き続きこの記事を見てください。

3.Carl Zeiss Touit F2.8/50mm

マクロ撮影をしたい方。
スナップ、ポートレートにも使えますが、このレンズを購入する決め手はマクロ撮影ですね。
水滴や花の撮影に向いています。また、食べ物、飲み物を撮る人はこちらのレンズがおオススメです。
[pz-linkcard-auto-replace url="http://photo.yodobashi.com/fujifilm/lens/touit28_50m/"]

Carl Zeiss Touit 1.8/32を購入

僕の所有しいているFUJIFILM X-T4へ装着しました。

X-T4との外観相性めっちゃ良い!!

良いところ

スナップ、ポートレートにも使える

僕はポートレートレンズを探していました。
人物と風景もキレイに写したい!という思いから、2.8/50よりも画角が広い方を選びまし た。
スナップも撮るにはこちらの1.8/32の方が良いかもしれません。
32mmの画角なのでAPS-Cだと約50mmになります。

軽い

何と重さ210g!!しかも小さい!
重さってむちゃくちゃ重要ですよね。思いと純粋に疲れます。
Carl Zeiss Touit 1.8/32のレンズに限らず、Carl Zeissのレンズは比較的軽いし、小型です。

色乗り、ボケが綺麗

とにかくこのCarl Zeissという会社のレンズは色が綺麗なんです。
背景のボケの色乗りまで非常に良いです。
FUJIFILMは色が売りなので相性はCarl Zeissのレンズとの相性は抜群です!
寄って撮ると綺麗にボケますよ。

後で見返したら驚きのボケの表現を出していました。。

比較的安い

Carl Zeiss Touit 1.8/32だと
マップカメラ2020年9月時点
中古:49,800円
新品:69,300円

APS-Cのレンズなので比較的安いのと
小型・軽量・色乗りを含めると購入の価値は十分ありだと思いました。
僕はマップカメラで53,354円(税込み、安心サービス付き)で購入しました。

残念なところ

もう少し寄りたい

もっと近づいて撮影したいときには少し物足りなさがありました。
被写体が花や物ならグッと近づくことはできますが、
人物となるとあんまり近づきすぎると怖いですよね。(笑)

レンズ外側後方に埃が付きやすい

この部分に埃が付きやすいと感じました。

埃取るくらいのレンズのメンテナンスは適宜行った方がいいですね。

AF駆動音が大きい

けっこうギーギー音がします。
動画には向かないと思う方もいるかと思いますが、
音楽を入れれば関係ないですし、
何よりAF機能があるのは動画の面ではプラスだと思います。

Carl Zeiss Touitのレンズを試せる

FUJIFILM Imaging Plazaでは
実際にCarl Zeiss Touitのレンズを手に取って試すことができます。
注意して欲しいのは、FUJIFILM純正レンズは持ち出しできますが、
Carl Zeiss Touitは持ち出しできません。

【カメラ、レンズを無料レンタル】FUJIFILM好きには必見! みなさんこんにちは! Kです。 今日はカメラのレンズを無料でレンタルしたことを記事にします。 僕はFUJIFILM...

実際のスナップ作例

JPEG撮って出しの画像を載せていきます。
FUJIFILMのフィルムシュミレーションは
ソフト、クラシックネガを使用しました。
近くを一人で散歩してきただけですけど、良い写真が撮れました。

Lightroom等での補正は一切していません。

最後に

いかがでしたでしょうか?
Carl Zeiss Touit 1.8/32のレンズレビューでした。
FUJIFILMユーザーでもCarl Zeissのレンズを試してみたい方へ
今回の記事が参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です